制作プロセス(2):ある課題をテーマに描いたCHART project®

制作プロセス
スポンサーリンク

今回は2018年 10月大阪・11月東京でイラスト展示する作品の制作プロセスをご紹介します。

ちなみに今回参加展示するのは「CHART project®」というものです。
詳細はこちらのFacebookページをご覧下さいませ。
https://www.facebook.com/events/1468100320000090/

子供に関連したあるグラフを参考にイラストを描いて欲しいと依頼があり、グラフイメージを入れつつ、子供が楽しく、快適に暮らしている世界を描きました。

まずはイラストの素材から作成
思いつくイラストイメージをバラで描き殴っていきました。

B5コピー用紙8枚描きました。
そしてこれをスキャンして必要なものからphotoshopでレイアウトしていきます。

グラフとなる部分が一番肝となるので、一番初めにレイアウトしていきます。ちなみにイラストのサイズは60×60cmです。

背景色や奥の山を入れるとぐっと世界観が出来上がります。

いろいろと要素を詰め込んで詳細詰めていきます。

だいぶ仕上がってきましたが、肝心の滑り台がちょっと見えづらくて目立たないかなーと思いちょっと背景調整、滑り台の周辺面積を増やしてバランスをとることに。

そして仕上がったのがこちら。
背景上部を空にして、滑り台の高さも高くして目立つように。
楽しい子供の世界が出来たんじゃないでしょうか。

東京での展示は詳細は以下になります。
何のグラフをもとに作成したかは会場で!
【会期】2018年11月13日(火)~11月18日(日)
【会場】TAMBOURIN GALLERY
【URL】https://www.facebook.com/events/1468100320000090/

ご興味ある方は是非お越し下さいませ。
よろしくお願いします!!